神様のカルテ 2を読みました。

おはようございます。

今日も散歩日和です。

どこかにぷらぷら歩きに行きたいなあ。



神様のカルテ 2を読みました。

栗原一止という青年医師が主人公の、病院を舞台とした医療の話。

テレビドラマで、桜井君が演っていましたね。

患者さん第一、病気を治すだけが医療ではない。

あたたかいストーリーの小説です。

医師も人間なんだ。人間としての生活も大事に。

医師である前に、人間なんだ。病院としてどうのこうのより人として患者さんと接したい。

そんな感じでしょうか。こんなお医者さんに最後は診てもらいたいなと思いました。



ご訪問ありがとうございます。
更新の励みになります。
クリックしてくださるとうれしいです。→ ブログ村 小さな幸せのある暮らし
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する